遺産分割調停で受任をして、自宅を相続できたAさんの事例

相続人間では、被相続人の生前から仲が悪く、他の相続人の所在も分からす、遺産分割協議の話すら全くできない状況にあったところ、遺産分割調停を受任して、相続人の所在調査から始めて、調停、審判を経て、自宅を相続できた。
 

 

当事務所の解決事例をご紹介させて頂きます。

偏ぱな遺言書のある相続事件

遺産分割調停で受任をして、自宅を相続できたAさんの事例

長男を中心に遺産相続した事例

遺産相続で母親と息子が揉めた事例

本物かどうか疑わしい遺言が出てきた事例

亡くなった元夫に家族・親戚が一切いなかった事例

熟年恋愛の相手が亡くなった事例

生前から遺産の整理を弁護士に依頼していた事例

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

●HOME
●ご相談の流れ
●事務所紹介
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ