相続税とは

相続税は、相続や遺贈等によって取得した財産が一定金額を越えた場合にかかる税金で、統計的には相続が発生した方100人のうち4~5人程度の割合で発生しています。 TOKYO_LEAD-85.jpg

相続税は何に対してかかるのか?

課税価格の算出方法

「みなし相続財産+本来の相続財産+相続時精算課税制度適用財産」
-「非課税財産」-「債務・葬式の費用」+「相続開始3年以内の贈与財産」

 

相続税がかかる場合とかからない場合

相続税がかかる場合

課税価格の合計額>基礎控除額

 

相続税がかからない場合

課税価格の合計額≦基礎控除額

相続税の基礎控除額=5,000万円+法定相続人の数×1,000万円

例)相続税の課税価格の合計額 7,000万円の場合
 法定相続人 奥様・長男・長女・次男の場合
課税価格の合計額 7,000万円<基礎控除額9,000万円
→よって相続税はかかりません。

 

相続税の計算方法

STEP1 課税価格の算出


STEP2 課税遺産総額の算出

 

STEP3 相続税総額の計算

1.    課税遺産総額を法定相続分に応じて按分します。
2.    按分したそれぞれの金額に税率をかけて
3.    計算したそれぞれの税額を合計した金額が相続税の総額となります。

 

STEP4各人の納付すべき相続税額の計算

1.    相続税の総額を課税価格の合計額に占める各人の課税価格の割合で按分します。
2.    按分した税額から、各種の税額控除の額を差し引きます。

 

相続税の計算方法申告が必要な場合

相続税の課税価格の合計が基礎控除額を超える場合

(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)には相続税の申告が必要です。

 

申告期限と提出先

相続開始から10ケ月以内に被相続人の死亡時の住所地を管轄する税務署に申告書を提出

相続税についてもっとお知りになりたい方はこちら

●相続税とは
●相続評価額の算出
●相続税の申告・納付
●延納と物納

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

●HOME
●ご相談の流れ
●事務所紹介
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ