• HOME
  • 子供がいない場合の遺言について

子供のいらっしゃらないご夫婦における遺言の重要性

 
「うちは、たいした財産もないし遺言なんて要らないわ」とお考えのあなた。
 
あなたに子供がおられないときは、遺言がないと困ったことが発生します。

Aさんに次のようなことが起こりました。

AさんとBさんは、ご夫婦ですが、子供はいらっしゃいません。

不幸にもBさんが急な病で亡くられたのです。残されたAさんは、Bさんが残してくれたBさん名義の預金を生活費に当てようと思い、銀行へおろしに行きました。
ところが、銀行ではBさん本人でないとおろせないと言いますので、Aさんは「Bは死にましたので、私が相続人としておろしに来たのです。」と言ったのです。

ところが、銀行はBさん1人が相続したという相続届けが必要だと言うのです。

この相続届けというのは、Bさんのご両親、ご両親がなくなっていれば兄弟姉妹を全て調査して、その人達から「Aさん1人で預金を相続してもいいです」という内容の書面に実印(印鑑証明書添付)を押してもらわなくてはいけません。

Aさんは、Bさんの親戚とはあまり付き合いはなく、Bさんの両親が亡くなっていましたので、Bさん兄弟姉妹を調べたのです。


そうしたら、この兄弟姉妹も亡くなっている人がいて、その子供たちの代になっていました。
Bさんからすると、甥、姪です。Bさんの戸籍から遡って、ここまで調べるのも大変です。さらに、その甥姪は分かってもその人達がどこに住んでいるかは戸籍では分かりませんので、さらに戸籍の附票というものを取って住所を調べるのです。

住所も分かって、ようやく連絡がとれたとしても、その甥姪とAさんは全く付き合いもなく初対面ですので実印を押してくれないかもしれません。

そうすると、Aさんは家庭裁判所へ遺産分割の調停を起こさざるを得なくなります。

家の名義をAさんBさんそれぞれ2分の1としているような場合、又Bさん単独名義にしているような場合、この名義をAさん単独名義にしたいと思う場合も、預金と同じく会ったこともない甥、姪の印をもらわないとAさんの単独名義に出来ないのです。


このようなやっかいな問題を解消するには、遺言です。AさんBさん双方ともに自分が死亡したら、自分の財産は相手に相続させる遺言を書くことです。

遺言にはいくつか方式がありますので、書くことを決意されましたら、是非下記へすみやかにご相談下さい。
 
 
東京リード法律事務所
03(3258)8550