遺留分減殺請求されたら

TOKYO_LEAD-137.jpg もし他の相続人から遺留分の減殺請求をされたらどうすればいいのでしょうか?

遺留分は相続人に保障された権利ですから、正当な請求である場合は遺留分相当の代金を渡さなければなりません。

相続財産の中から支払う場合もありますし、自分の資産の中から現金や不動産で支払う場合もあります。遺贈や贈与によって、他の相続人に遺留分があったとしても請求されなければ受遺者はすべてもらって問題はありません。

遺留分減殺請求権は「相続の開始及び減殺すべき贈与や遺贈があったことを知ったとき」から1年間は有効になりますので、遺留分がある場合この期間は請求される可能性があります。また遺言書を作成する場合にも、遺留分を侵害する遺言は遺留分減殺請求を受けることがあるので注意が必要です。

遺留分についてもっとお知りになりたい方はこちら

●遺留分について
●遺留分減殺請求するには
●遺留分減殺請求をされたら

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

●HOME
●ご相談の流れ
●事務所紹介
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ